樂家代々の作による低火度陶。手捻り・手捏ね(てづくね)で成形し、鉛釉を掛けて800~1000℃で焼成したもの。釉に鉄を加えた「黒樂」。赤土に透明釉を掛けた「赤樂」がある。

0人がお気に入りに登録しています



Facebookでコネクトするとお気に入りの作家や
個展情報、用語などを保存できます。

Login with Facebook